HOME > 1日のスケジュール > 訪問看護師

訪問看護師のの1日

8:30  出勤

「おはようございます」今日も1日が始まります。
★訪問予定の確認とカルテの準備
★朝のミーティング
ハーブは24時間365日連絡をとれる体制をとっています。
院長も顔を出すので、前日の往診の報告や今朝までの利用者様からの連絡についての報告、今日の訪問についての確認をします。

8:45  訪問の準備

利用者様の情報収集と、訪問に必要な物品の準備をします。
★訪問記録は利用者様の状態を知る上でとても大切なものです。みんな細かく目を通しています。
★点滴や褥瘡・尿管カテーテルなど医療処置のための物品や、入浴介助など訪問内容によって様々です。忘れ物のないように!

9:15 出発

準備が整ったら訪問へ出発です。
★ハーブの車に乗って出発! 安全運転で向かいます。


9:30 1件目のお宅へ訪問

寝たきりの利用者様で、身体を拭いて着替えをします。
ケアを受けながら歌ってくださるので、つられて一緒に口ずさみます(笑)
ご家族から「暑いでしょ〜」とお茶の差し入れも…。ご家族の方との会話も大切なコミュニケーションです。


11:30 2件目のお宅へ

認知症の利用者様。今日は表情も良く、ニコニコお話が進みます。
ベッド上で排泄ケア後、身体の拘縮予防のためのマッサージを行いました。
★健康状態の確認をすることから始まり、清拭や排便のケア・体位変換・リハビリ・口腔ケアや爪切りなど、一つ一つ丁寧に行います。褥瘡や胃ろう・点滴・吸引などの医療処置が必要な利用者様もたくさんみえます。


12:30 お昼休憩

お疲れさまでした。午前の訪問を終えて、昼休憩のため一旦ステーションに戻ります。
★午前中の情報整理・記録をし、午後の訪問の準備をします。
★事業所の事務さん達と一緒にお昼ご飯を食べてひと休み…。


13:30 本日3件目の訪問

お身体の様子をお伺いして、入浴の介助です。
ご自身でできない所を介助しながら安全に気持ち良く入っていただきます。
その他、内服薬の確認とセットをして、飲み忘れないようにお手伝いします。


14:30 4件目の訪問

胃ろう・バルンカテーテルの管理、褥瘡の処置や排便処置を行います。
胃ろう周りの皮膚はキレイ。バルンカテーテルも異常がないかチェックしました。
臀部の褥瘡も回復傾向! 主治医の先生と力を合わせて治療しています。研修にも参加して、スタッフみんなで褥瘡ケアの知識を高めています。


15:30 5件目の訪問

本日最後の訪問です。
午前に訪問したヘルパーさんより、臀部に小さな皮膚めくれがあったと報告があり、処置をします。
ハーブでは、ケアマネージャー・ヘルパーさんとの情報交換が密にでき、早期に対応ができています。


16:30〜17:30 

ステーションに戻り、訪問看護記録用紙にその日の看護内容を記録します。
デイサービスのナースを含めての申し送り会もあるの
で、デイサービスを利用している方々の利用中の様子などもきちんと把握できます。 疑問に思ったことは、スタッフみんなで話し合い、解決していきます。不安な事もみんなが相談にのってくれるので安心です。



職員からのメッセージ

病院勤務と比較すると、大きな問題に直面したり、訪問先で一人で判断しなければいけないこともあり、不安な事も多々ありました。
でも、たくさんの患者様、ご家族様と接する中で、様々な職種の人たちと助け合いながら一つ一つの問題に対して悩み考え、クリアできた時の喜びはとても大きいものです。
苦労は多くても、何より患者さんの“笑顔”“ありがとう”が身近に感じられ、やりがいのある仕事だと思います。
“与えられた時間 その人のためにケアを提供できる訪問看護”
一度やってみませんか。


▲ページトップに戻る