HOME > 福利厚生について

福利厚生について

ハーブでは、職員の皆さんが楽しく安心して働けるよう、各種福利厚生の充実にも力を注いでいます。


研修・勉強会

毎月の各部署の会議の中で勉強会を行っています。
他にも各種研修会に参加し、スキルアップを目指しています。
勉強会は年間で計画されていて、
『認知症および認知症ケアについて』
『身体拘束廃止について』
『事故の発生予防・再発防止について』
などのテーマに基づき知識を深めています。
また、デイサービス・グループホームのスタッフは、ハーブが力を入れているくもん学習療法の資格取得のための支援を受けることができます。


健康診断・予防接種補助

毎年1回、全職員を対象に健康診断があります。(もちろんパート職員も)
また、インフルエンザの予防接種も毎年希望者全員に行っています。費用は全額ハーブが負担します。



食事会

毎年11月頃にハーブグループの全職員が集まって食事会を行っています。
2015年は「魚太郎・蔵のまち」さん、2016年は「みどり館」さんで開催しました。
賞品をかけた、じゃんけん大会にビンゴゲーム、部署別対抗ゲームなどで盛り上がります。
普段あまり交流のない別の部署の人とコミュニケーションが取れる良い機会になっています。
また、この場を借りて資格取得者や長期勤続の表彰を行っています。


部署別の親睦会

各部門ごとで毎年1回親睦会を行っています。場所は自由なので、職員同士で話し合って決めています。
ハーブから1人2,000円の補助が出ます。



住宅手当・扶養手当

アパート住まいの方・18才以下のお子さんを扶養されている世帯主の方には住宅手当・扶養手当が支給されます。
※手当の支給には一定の要件があります。


通勤費補助

自動車通勤の方は通勤距離に応じて補助があります。
公共機関を利用して通勤されている方は、費用をハーブが全額負担します。



食事代補助

ハーブで提供している食事(1食500円)を食べる方には、250円の補助が出ます。
なので、実質1食250円で食べることができます。





おやつ代支給

毎月ハーブから職員1人あたり500円のおやつ代が支給されます。
ミーティングのときや休憩時間に甘いものをつまんで頭をリフレッシュすることができます。
職員同士のコミュニケーションの潤滑剤にもなっています。



子育て支援

ハーブには子育てをしながら働いている職員がたくさんいます。
お子さんのの行事などの際には職員内で休みを交代で取ったり、突発の病気のときにもスタッフ同士フォローし合っています。



▲ページトップに戻る