HOME > 研修報告

研修報告

写真 ハーブでは、スタッフのスキルアップのため、外部研修へ積極的に参加しています
こちらではスタッフがどのような外部研修に参加しているのかをご紹介します。


訪問介護従事者のための緊急時対応法

2017年11月16日
訪問介護 坂部

学んだこと・研修の要点:
@普段の利用者の状況を知り、1つ1つの変化には1つ1つの理由があり、それをなぜかと確認することが大切である。
→なぜそれが重要か?:バイタルサインの正常値はあくまでも目安であり、大切なのは普段のその人のバイタルサインと比較することである。

A全身症状を日々確認しながら関わることのできるヘルパーだからこそ、小さな変化に気づき要点をつなげていき、簡単な言葉で報告することが大切である。
→なぜそれが重要か?:普段を知る介護職が情報を伝えることで医師や看護師が判断するため。


能力開発セミナー“部下の育成とリーダーシップの発揮について”

2017年11月2日
訪問介護 伊藤

学んだこと・研修の要点:
@人口減少になる前に辞めない職場を作ることが必要。職員の意識喚起、モチベーションの向上、専門性知識の向上を促進する。
→なぜそれが重要か?:介護職の不足、離職率が深刻な問題になっているため。

A部下とのコミュニケーションについて。話をよく聞き、その人のいい所を見つけて伸ばしてあげること。自立型の人材を育成していくことが大切。
→なぜそれが重要か?:職員の意識改革をすることで利用者への還元効果になる。


明日からできる快適な介助法

2017年9月6日
訪問介護 伊藤

学んだこと・研修の要点:
@姿勢のアセスメントをして、重みがどこに流れているか、どこに負担がかかっているのか観察して、局所圧や拘縮の原因を探る。
→なぜそれが重要か?:身体の負担を軽減するため。

Aポジショニングが正しくできているか、どこに圧がかかっているのか確認して二次障害を促さないようにする。
→なぜそれが重要か?:褥瘡や拘縮の原因となるため。


アセスメントチェックポイントシートと課題整理統括表の使い方

2017年8月28日
回想法デイサービス 植田

学んだこと・研修の要点:
@課題整理統括表を実際に書いて、担当者会議に活かす実践をした。(グループワーク)
→なぜそれが重要か?:利用者様・ご家族様の目指す生活に向けて、具体的な方法を検討し見通しを考えるため。

A利用者様の現状を把握し、維持・改善できるよう援助していく。
→なぜそれが重要か?:色々な要因を見つけ、解決に向けてケアを提供するため。


中堅スタッフ接遇講座

2017年1月26日
介護事務 越智

学んだこと・研修の要点:
@積極的な接遇、場面ごとにふさわしいコミュニケーションが出来ることが大切。
→なぜそれが重要か?:クレームを未然に防ぐことにつながるため。

A電話対応の大切さ。
→なぜそれが重要か?:病院の第一印象につながるため。


進行性難病の方へのコミュニケーション支援

2016年11月17日
訪問介護 伊藤

学んだこと・研修の要点:
@難病の方とのコミュニケーションをIT関連機器を使用して行う。
→なぜそれが重要か?:難病の方にとって自分の意思を伝えることはとても大変なため、道具や機器を用いて意思を伝達できるようにするため。


スカラモービル操作研修

2016年11月22日
回想法デイサービス 伊東

学んだこと・研修の要点:
@スカラモービルを安全に操作できるよう学ぶ。
→なぜそれが重要か?:デイサービスご利用者様の送迎に必要なため。操作方法をマスターし安全な送迎を提供する。


タクティールケア フォローアップコース

2016年11月5日
グループホーム ハーブゆぃまある 後藤

学んだこと・研修の要点:
@タクティールケアを行う際には、手の密着、力の加減、リラックスできる状態であるか等に気を付ける。
→なぜそれが重要か?:それらを意識してしっかり行うと、効果が出ないばかりでなく、逆に気分が悪くなってしまうこともあるため。
Aオキシトシン=脳下垂体後葉ホルモンはタクティールケアを8分以上行うことによって分泌される。
→なぜそれが重要か?:8分以内で終わってしまうとオキシトシンが分泌されず、タクティールケアの効果を感じることができないため。


学習療法シンポジウムin大阪

写真 2016年9月18日
グループホーム ハーブゆぃまある 阿部

シンポジウムの要点:
@「僕がジョンと呼ばれるまで」上映会について発表をおこなった。
→なぜそれが重要か?:上映会を通じて、学習療法、認知症が少しずつ地域へ広がることを感じたから。
A事例を通してどのように学習療法をケアに活かしていくのか。
→なぜそれが重要か?:より質の高いケアを行うために、学習療法を使うようにするため。


▲ページトップに戻る